J.S.FOUNDATION

活動報告

'19.03.19 UPDATE
2011年のあの日から8年の歳月が流れました。

レンタカーを借り、延伸した三陸自動車道を通って、南三陸と気仙沼を訪れました。
久しぶりに訪れた三陸の海は穏やかで、空は青く、時間だけが静かに流れていて、
目を瞑ると、ここが被災地であることをひととき忘れてしまいそうなくらいです。
しかし、目を開ければ、目に入ってくるのは巨大な防潮堤と広大なかさ上げした土地。
そこに人の気配はありません。

8年という歳月はある人には長く、ある人には短くもあります。
こうして被災地を訪れ、8年という時間は、
ハード面に関してはある程度は十分な時間だったのではないかと思う半面、
ソフトの面ではまだまだなんだと改めて感じます。
人が戻ってこなければ街の復興はありません。

J.S.Foundationとして、今後の支援への向き合い方を改めて見つめ直していかなければと痛感します。
人と人の心をつなぐ支援、そのためになにが出来るのか?

photo
photo
'19.02.13 UPDATE
こんにちは!J.S.Foundationが支援をしている団体のひとつ、
ジャパンハートから嬉しいお便りが届きましたのでご報告させていただきます。
ご支援をくださっている皆さま

いつも子どもたちのために温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
ジャパンハート 事務局長の佐藤でございます。

ご寄付をいただいた浜田省吾さんのグッズ(メッシュポーチ、Tシャツ、バスタオル)や
スピッツさんのグッズ(バスタオル)が、
ジャパンハートの活動地であるカンボジア、ミャンマーで大活躍しています。

今回はその様子を報告させてください。


■Cambodia(カンボジア)
カンボジアのジャパンハートこども病院では、
母親学級に参加してくれた妊婦さん達へメッシュポーチを配布しました。
メッシュポーチは、母子手帳や胎児超音波検査の記録を保管して持ち運びできるように使ってもらったり、
出産後は、赤ちゃんの予防接種記録用冊子や、母子の診察券の保管にも使ってもらったりしています。

妊婦健診や、出産後の定期検診は、カンボジアでは当たり前ではありません。
母子の命・健康を守るための通院を習慣化してもらうのに効果的なプレゼントになりました。

バスタオルは同病院で産まれた赤ちゃんにプレゼントし、
おくるみや沐浴後の体を拭くタオルとして重宝しています。
1カ月健診で病院に戻ってくる時も、プレゼントしたタオルにくるまれて受診する子が多く、
退院後もおうちで使っている様子が伺えます。

赤ちゃんの体を保温し清潔に保つのに重宝しています。

photo
photo photo


■Myanmar(ミャンマー)
ミャンマーの養育施設「Dream Train(ドリームトレイン)」では、昨年末にクリスマス会を開催し、
子どもたちへのプレゼントとして浜田省吾さんのTシャツを配布しました。
子どもたちは目をキラキラさせながらプレゼントを受け取り、さっそくTシャツを着用。
「カッコイイ!」「生地がいいね」という感想があちこちから聞こえてきました。

photo photo
photo photo
photo


皆さまからいただいたご寄付は、これからも大切に使用させていただきます。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


特定非営利活動法人ジャパンハート
事務局長 佐藤 抄
'19.01.18 UPDATE
1/16、17東京NHKホールで行われた浜田さんチャリティーコンサートで募金活動をさせていただきました。
皆さまからいただいたご支援は92万2185円にもなりました。
心より感謝いたします。ありがとうございます。

ブースには、フォトグラファー内藤順司さんが撮影したバングラデシュにあるロヒンギャ難民キャンプの写真が並びました。
代表の佐藤が生前強く希望し実現した撮影であり、
J.S.Foundationの活動の一つを眼と心で感じていただきたく展示いたしました。
また、会場での募金活動は支援先団体である国連UNHCR協会、
ロシナンテス、ジャパンハートの皆さんにも参加いただきました。
各団体の方々に募金してくださる皆さまのお気持ちを直接感じていただきたいと考えたからです。

世界中の困難な状況にある方々に寄りそう人道支援団体と協力し、
皆さまから寄せられた善意を現地に届ける架け橋であり続けたい。
設立以来、J.S.Foundationはそう願って活動しています。
今回、ブースにはほんとうにたくさんの方が立ち寄ってくださいました。
ひとりひとりのお心を少しでもつなげることができたのであれば、とても嬉しいです。
空の上にいる代表も、この日ばかりはニコニコ笑顔で会場に降りてきたように思います。

photo
'19.01.18 UPDATE
新しい年を迎え、気持ちのよい青空をたたえた神戸。
1月11、12日、神戸国際会館こくさいホールでの
浜田省吾さん100% FAN FUN FAN 2018 "Welcome back to The 70's"にて募金活動をさせていただきました。

会場でお預かりした皆さまからのご支援は51万7257円にもなりました。
あたたかいご協力をいただき、本当にありがとうございます。
会場で活動をさせて頂くと、「頑張ってね!」「ありがとう!」たくさんのお声がけと優しさを頂きます。
本当に、力をいただきます。

2019年1月17日、甚大な被害が出た阪神・淡路大震災発生から、24年となります。
震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、私たちに今何が出来るかという事を考え続けていきたいと思います。

日本、そして世界中で1つでも多くの笑顔を見たい。
そんな思いでJ.S.Foundationは支えてくださる皆さまと一緒にこれからも歩んでいきます。

今後とも何卒、宜しくお願いいたします。